一般財団法人 石川県予防医学協会 料金一覧   フロア案内   アクセス・駐車場
ホーム法人のお客様 > 臨床検査 > 医学検査
 臨床検査
医学検査



健康診断およびがん検診で採取した検体は、
臨床検査部で検査しています。
 

生化学的検査
血液中に含まれる、蛋白質・糖・脂質・無機質・酵素・ホルモンなどの量を測定しています。
心臓や肝臓・胆嚢・腎臓など、様々な臓器の異常を発見することができます。
生活習慣病の発見・治療にも役立っています。

血液学的検査
血液中に存在する血球成分(赤血球・白血球・血小板)とヘモグロビンの量を測定しています。また、血液中の白血球形態なども観察し、白血病などの血液疾患の診断に用いられます。
凝固検査は、出血を止める能力が正常に働くかどうかを調べます。血友病などの診断にも利用されます。

免疫血清学的検査
感染症検査
血液中に病原ウイルスが存在するかを調べます。
血液などを介して伝播する病原ウイルスの検査は、手術前・輸血前の重要な検査です。
また、妊産婦検診における感染症の検査は、母子感染の予防と治療に欠かせません。

腫瘍マーカー検査
がんの発見、病状経過、あるいはがんの予後の指標になります。

薬物検査
合理的な薬物治療のために血液中の薬物濃度を測定しています。

輸血関連検査
適切な輸血のために、血液型(ABO式、Rh(D)式)の検査、交差適合試験を実施しています。

病理学的検査
細胞診検査
検査材料(子宮頸部擦過物、喀痰、尿、胸水など)から標本を作製し、顕微鏡下で異常細胞が無いかを調べています。
悪性腫瘍の早期発見に有効で、婦人科検診の子宮頸がん検診や肺がん検診も、この検査を実施しています。

病理組織診検査
臓器の病変部から組織を採取して標本を作製し、病理医が顕微鏡下で細胞や組織の形態を観察し、
がんをはじめとした病変の診断を行う検査です。
消化管内視鏡検査や乳房針生検などで得られた組織で、この検査を実施しています。

大腸がん検査
消化管からの出血を調べるため、便中の潜血を測定します。主に大腸がんの発見に役立ちます。

腸内細菌検査
食中毒の原因となるO157などの腸管出血性大腸菌や、赤痢菌、サルモネラなどの菌を発見する検査です。

微生物学的検査
尿・便・喀痰・血液などの様々な検体から、感染症の原因となる菌の同定や菌に有効な薬剤を調べる感受性の検査を実施しています。

尿の一般検査
尿中の糖や蛋白質などを調べる尿定性検査や尿沈渣検査を実施しています。
腎臓や泌尿器系病態などを診断するのに役立ちます。

先天性代謝異常症等検査
検査対象疾病は、フェニールケトン尿症・メープルシロップ尿症・ホモシスチン尿症・ガラクトース血症・先天性副腎過形成症および先天性甲状腺機能低下症の6種です。

遺伝子検査
先天性の発達・発育障害や習慣性流産・不妊症、また、白血病などの血液疾患においても染色体異常が認められることがあります。これらの疾患の診断に欠かせない検査のひとつです。





品質管理・精度管理の取り組み情報セキュリティの取り組みアクセス・駐車場のご案内 個人情報保護方針
一般財団法人 石川県予防医学協会
〒920-0365 石川県金沢市神野町東115番地 TEL:076-249-7222(代) FAX:076-269-3663   メールでのお問い合わせはこちら

Copyright © 2012 All Rights are reserved by ISHIKAWA HEALTH SERVICE ASSOCIATION